ホテルでの芝刈りの重要性【芝生は芝刈りの仕方で大きく変わる】

芝刈りや植木の剪定間伐まで頼める!芝刈り業者の利点

芝生のお手入れの基本~年中綺麗な芝で宿泊客を迎えるために~

ホテルや旅館といった宿泊施設を運営する場合、建物から見える景色にも気を使わなければなりません。美しい庭園を作るために芝生を植えている所も多いでしょうが、芝生も生き物であるため、その管理はしっかりと行なわなければなりません。

健康的な芝生にするための4つのポイント

水やり
芝生に水やりをする場合、基本的に2~3日に一度の頻度で水やりをするとよいでしょう。ただし、夏場になると成長のために、たくさんの水を必要とします。そのため、夏は毎日のように水やりを行なう必要があります。逆に冬になると、常緑種以外の芝生は休眠するため水やりは不要です。水やりをする際には、葉の表面だけでなく、土までしっかり水を染み込ませるまで水をやりましょう。
芝刈り
芝刈りは、春から夏に掛けての芝生が成長をする時期に行ないます。最適な時期に実施するのがポイントです。基本的には1週間から1ヶ月に1回行なうとよいのですが、夏場になると成長が早いため、こまめに長さをチェックしながら芝刈りを行ないましょう。芝刈りの際に注意しなければならないのが、芝生の成長点よりも低い位置で刈らないようにすることです。成長点よりも低く刈ると、芝生の成長が遅くなってしまうため、芝生の持つ美しさを発揮させられなくなります。芝生の成長点は、芝の長さ3分の1ほどの場所にあります。成長点よりも短く刈らないように、芝刈り機の刈高をしっかりと調整しておきましょう
除草
除草を行なう際、多くの人は雑草も一緒に芝刈り機で処理しようと考えます。しかし、芝刈り機はあくまで芝を剪定するために使用する機器なので、芝以外の硬い雑草を刈ると、芝刈り機の刃が傷んでしまう場合があるのです。他にも、雑草が芝刈り機に絡まってしまうことや、雑草の根が残ることで土壌の栄養を雑草に取られてしまい、芝の栄養状態が悪くなることも懸念されます。そのため、除草を行なう場合、芝刈り機に頼るのではなく、自分の手で根ごと取り除く方法が最適といえます。
肥料
美しい芝生を作るためには、土壌の栄養状態も管理しなければなりません。そこで利用ができるのが芝生用の肥料です。窒素、リン酸、カリが芝生にとってよいバランスとなるように配合されているので、利用することで芝生の状態もイキイキとしてくるでしょう。ただし、猛暑にこのような肥料を撒くと、芝生が肥料焼けを起こす可能性があるため注意しましょう。

まとめ

広い庭園を持つホテルや旅館ですと、従業員だけで芝の手入れをするのは難しいでしょう。特に芝の成長が著しく、宿泊客も増える夏休みシーズンなどは、お客さんへの対応に追われ頻繁に手入れができなくなる場合があります。こうした状況で依頼ができるのが、芝刈りを代行してくれる業者です。

キレイに芝刈りするコツを専門家に聞いてみよう!

ホテルの庭園は、結婚式などのイベントを行なうために利用される場合もあるため、常に手入れを行き届かせる必要があります。芝刈り機の使い方やエアレーションによる芝刈り後のケアについて見ていきましょう。


芝刈りの方法を教えてください
最も注意しなければならないのが、「軸刈り」にならないようにすることですね。軸刈りとは、芝生の成長点よりも下に刈ってしまい、白い直立茎が露出してしまう状態です。軸刈りを行なってしまうと白い部分が目立つため、景観が悪くなってしまいます。また、芝生にも大きなダメージを与えてしまうため、芝刈りを行なう際は注意しましょう。芝生の3分の1の位置を刈るようにすれば、こうした軸刈りも問題も起こらなくなるでしょう。
ホテルのような広大な庭の場合はどうすればいいですか?
広い範囲の芝刈りを行なうならば、芝刈り機を使って刈る方法が最適ですね。ハサミなどを使って処理するのであれば時間が掛かります。また、雑草などを刈り取る刈払機の場合、芝生の長さを調節しながら刈ることが難しいため、軸刈りが起きてしまう可能性もあります。広範囲を均等に同じ長さで刈れる芝刈り機であれば、芝生の管理も負担なく行なえるでしょう。

芝刈り業者に依頼するとホテルの庭をトータルで手入れしてくれる

芝刈り業者は、芝生の管理だけではなく、芝生のある庭園全体の管理も行なってくれます。大きく成長した芝を最適な長さに刈り揃えるほか、庭木の剪定や不必要な木の間伐も行なうため、定期的に依頼することで、多くの人が感動するほど美しい庭を作り出すことができるでしょう。

TOPボタン