間伐した木材の有効活用事例~ホテルの売上もアップする~

芝刈りや植木の剪定間伐まで頼める!芝刈り業者の利点

シェフの料理がさらに美味しそうになる間伐材の使用方法

ホテルの庭園の植木は、さまざまな理由によって入れ替えを行なうものです。病気や台風の影響で枯れた木や折れた木の間伐を行なうほか、お客さんに喜んでもらうために珍しい草木を導入し、今まであった植木をいくつか間伐することもあるでしょう。しかし、間伐して残った木をそのままゴミとして処分するのはもったいないものです。

注目を浴びる間伐材!資源を活用

保有している土地に豊かな森林がある場合、自分たちでは間伐することは難しいため、間伐を行なう業者に依頼することが多くあります。しかし、最近では林業において、森林管理のために間伐した木材が運搬コストの問題で森林に放置するというニュースもあるため、不安を抱く人も多いでしょう。切り取った木材を放置すれば、森にある木にも大きな悪影響が及ぼされてしまうため、問題となります。そこで最近では、間伐した木材を使ったインテリアや小物を作ることが注目されています。飲食業界でも木材を使ったテーブルや食器などが使用され、多くのお客さんから喜ばれています。

間伐材の皿を使用している一流ホテルのシェフ

木の温もりで料理がワンランクアップしたように演出してくれる(40代/男性)

私の勤めるホテルでは、台風で折れてしまった庭園の木を業者に頼み、間伐してもらいました。しかし、伐採した木はホテルが創業した時からあり、ある意味ホテルの象徴ともいえる木でした。そのため、処分することに従業員一同心を痛めていました。そこでオーナーが、切り取った木を使い食器を作ろうというアイディアを出したのです。木でできた一風変わった食器は、木材独自の温もりを演出してくれます。「いつもより料理が美味しそうだ」とお客様にも好評です。

間伐材を活用することで顧客満足度UP

間伐材を使った木のインテリアは、多くのお客さんに喜ばれます。木材の持つ独自の美しさだけでなく、間伐した木材を有効活用するというエコロジーの観点からも、お客さんから好印象を持たれるのです。伐採や剪定業者が間伐した後の間伐材を使用して、お皿やお土産を作るとお客さんからも大いに喜ばれるでしょう。また、間伐するコストの削減にもつながるので、非常に有意義な処分方法といえます。

TOPボタン