ホテルに最適な芝生~芝刈り業者に聞く芝の種類~

芝刈りや植木の剪定間伐まで頼める!芝刈り業者の利点

芝生の種類によって芝刈り時期が異なる

多くの人は、芝生を選ぶ場合見た目だけにします。そのためどの芝がどんな特徴を持っているかわからないという人も多いでしょう。そこで、芝の種類ごとの芝刈りに適した時期について学びましょう。

芝刈りを行なう時期~代表的な芝を比較~

高麗芝は年に2~3回ほど芝刈りが必要です(60代/芝刈り業者)

私は高齢者施設にある庭園を管理しているのですが、庭園で植えている芝生は「高麗芝」という種類です。この芝生は年に大体2~3回を刈ることで見た目を管理することができますね。よく伸びる時期は4月から9月の間です。この時期以外は伸びることはないので、夏場に何度か刈り込むとよいですね。

寒冷地西洋芝は3月から12月の間です(30代/芝刈り業者)

東北や北海道などの地域では、寒冷地西洋芝が植えられています。この種類の芝は、他の芝生とは違い春や秋でも芝生を刈り込みます。春ごろは月に1~2回、秋は2~3回程度が目安ですね。春から夏に掛けて成長が早くなり、夏場になると週1回の頻度で刈らないと見た目を美しく保つことは難しいです。

まとめ

芝生は適切な時期に刈らないと、葉が密集した独自の美しさを発揮させられません。芝刈りの時期を把握することで、ホテルの芝も非常に美しい状態にさせられるでしょう。

綺麗な芝生にするためには芝生選びが重要

多くの人は芝生には種類はないと考えがちですが、実際にはたくさんの種類が存在します。種類ごとに植えられる地域も変わってくるため、これから芝生を植えようと考えている人は、自分の地域に適した種類なのかをきちんと確認しましょう。

ホテルの所在地によって適した芝生は違う

北海道・東北エリア
北海道や東北などの気温の低い地域では、寒さに強い寒冷地西洋芝が最適です。草種はケンタッキーブルーグラス・ベントグラス・ライグラスなどが有名です。北国の厳しい冬の間でも、青々とした美しい芝生を維持させることができます。
関東~沖縄エリア
関東から南の地域であれば、野芝と高麗芝が主に用いられています。特に日本の風土に合っている高麗芝は、国内の多くの地域で用いられている芝生です。葉の幅が細いため、しっかりと刈り込みを行なえば、非常に密で美しい芝生を形成できます。

まとめ

上の文章は大まかな地域ごとに説明しましたが、山脈などの地形の影響で冬は北国のように厳しくなる地域や、海が近いため比較的気温が安定している地域があります。ですので、住んでいる地域ごとに最適な芝生を選ぶ必要があります。ネットでエリア温量指数などを見て判断する方法のほか、芝刈り業者に尋ねてみてもよいでしょう。耐寒性や耐暑性以外にも、土壌の湿度や日陰への強さなどを考慮してホテルに最適な芝生を選んでくれます。

TOPボタン